ビビッと日記

フォード・フォーカスについて中心に、WRC関連や単なる雑談などいろいろ...(^^;

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ラリー・カタルニアが終了

悪夢のターボトラブルで、完全に脱力モードだったJackieでした...

マーカス・グロンホルムは、SS4まではトップを快走!SS3まで3連続トップタイムと言う事なしの展開でした。

それが、よりによってマーカスとミッコに同時にターボトラブルとは...
マーカスは15番手タイムで5位に後退、ミッコに至っては39番手タイムで13位まで後退することを余儀なくされていました。

問題となったパーツは昨年からマシンに取り付けられていたもので、スペイン特有の条件が重なり、発現したものらしい、ということでした。すぐに交換され、事なきを得ているので、次回からは同じトラブルは起こらない、とチームボスは太鼓判を押しているそうですが...

SS6以降、ほとんどのステージでセバスチャン・ローブとトップタイムを分かち合うほどに攻め続けたマーカスは、レグ3の2番目のステージとなったSS14でついに3位まで浮上!レグ3のすべてのステージでトップタイムを叩き出す走りでポディウムをもぎ取りました。

ミッコ・ヒルボネンも9位まで順位を上げてフィニッシュ。マニュファクチャラーズ・ポイントを持ち帰りました。

今季初の本格ターマックラリーでしたが、トラブルで大きくタイムロスをしたにしては、終わってみればポディウム・フィニッシュ。マーカス・グロンホルムの底力と、フォーカスのポテンシャルに改めて感銘を受ける結果となりました。

銀獅子軍団の頃の、あのマーカス・グロンホルムが戻ってきた感じがしますね。あの頃のマーカスは強かった!


Love WRC People!(トラックバック・ピープル)にTBしています。
Love WRC People!
スポンサーサイト
  1. 2006/03/26(日) 22:21:16|
  2. フォーカス|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

ラリー・カタルニア速報(1)

Rallye Catalunyaついに、今季初の本格ターマックラリーである「ラリー・カタルニア コスタ・ドラダ」が開幕しました。

現在、SS3までが終了しています。

トップは、われらがマーカス・グロンホルム!2位はセバスチャン・ローブで、差はまだ11.1秒。とはいえ、マーカスは3連続ベストタイムを叩き出し、絶好調♪

3位は、これまたわれらがミッコ・ヒルボネン。2位のローブとは13秒差。トップのマーカスとの差は24.1秒。フォードは順調なスタートといえるでしょう。

ローブの速さはターマックで真価を見せてきていただけに、マーカス&フォーカスがそれを上回るパフォーマンスを見せていることは、驚愕です。まさに嬉しい悲鳴!

ミッコにも、ここで結果を出して欲しいところ。頑張ってくれ!!


Love WRC People!(トラックバック・ピープル)にTBしています。
Love WRC People!
  1. 2006/03/24(金) 23:21:37|
  2. WRC|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ちょっとイイかも

携帯ホルダー今日はタイヤ選びにスーパーオートバックスに出掛けてきました。オートバックスよりも広いので、激安タイヤだけじゃなく、売れ筋タイヤもかなり現品が置いてあるのがいいですね。トレッドパターンって、写真だけじゃ分かりにくいこともありますし。

今回は、経済性を優先してミシュランを候補から外し、ヨコハマの良いヤツか、BSのフツーのヤツか、といった感じで選んでみました。というのも、目を付けたホイールは海外ブランドのため、やや予算オーバー。タイヤにはあまりお金をかけられません。長持ちでそこそこの性能であまり高くない。ということで、BSのフツーのヤツに決定。

個人的にはミシュランのパイロットシリーズを狙っていたんですが経済面でアウト。次に狙ったBSレグノは割高なのでDNA S.Driveにしようと思いつつも、ロードノイズが少ない方を優先させることになって却下。結果は...BSのPlayz。試しに、履いてみることにしました。グリップが足らなくて困るような運転はしないから大丈夫だと思うんですけど(^^;;;

その時、たまたま見つけたグッズがコレ(この写真)です。

カップホルダーにはめて使うもので、携帯電話やカギ、ペンを挿しておけるホルダーです。その名も「CellCup」。セルラー用カップということでしょうか。ちなみに、セルラーとは携帯電話のことです。

柔らかい素材で出来ていますので、携帯にもキズがつきにくく、グッと押し込むことでホールド性が高まるようになっています。外車グッズ売り場の片隅に転がっていたので、多くの人は存在すら気付かない感じのものです。

携帯ホルダーを、エアコンの噴出し口に付けたり、両面テープでハンドル周りに固定したりするのが嫌だったJackieにはうってつけのグッズでした。

とはいえ、こんな「ただのゴム(?)」が¥1,000以上もするのは輸入品だからでしょうか?

購入場所はスーパーオートバックス王子神谷店です。ここは比較的フォードディーラーが近いにもかかわらず、フォーカス用品はオイルフィルターすら置いていませんでした(T-T) ただのオートバックスだって置いているのに...
  1. 2006/03/21(火) 23:05:44|
  2. フォーカス|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

上木彩矢情報(2)

上木彩矢3/15に、メジャーデビューシングル「Communication Break」をリリースする上木彩矢ですが、早くもセカンドシングル「ピエロ」が4/12にリリースされることが決定しました。

このセカンドシングルは、3/11(土)から全国東宝洋画系で公開される真救世主伝説「北斗の拳 ラオウ伝 殉愛の章」の主題歌に大抜擢されました!!

主題歌となるセカンドシングルは、B'zの「ゆるぎないものひとつ」の2nd Beat 「ピエロ」のカヴァーソングです。さらに、カヴァーをするにあたり、作詞者である稲葉浩志が改めて歌詞の一部を書き直したという注目作でもあります。

今年は、フォーカスWRCと上木彩矢から目が離せない♪


上木彩矢公式ページ

この記事の記載に当たり、上木彩矢を応援するBack up party「ROCK☆STEP☆JUMP!」のメールマガジンを参考にしています。
  1. 2006/03/10(金) 14:16:50|
  2. 雑談|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

ちょっと疑問

そういえば、アルミホイールを数えるとき、一般には1本2本といいますが、Webなどを見ているとお店によっては単位が1枚2枚、になっているところがあるんですよ。

ショップ店頭で、業者の人と在庫の確認をしたりする際も「枚」を使っていることが多いみたいですね。

これって、どうなんでしょう?

みなさんはアルミを1枚2枚って数えますか??
  1. 2006/03/09(木) 00:59:21|
  2. 雑談|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ラリーメキシコ終了

フォードにとって、試練となったラリー・メキシコが終了しました。

両ドライバーのドライビングミスによるレグ撤退があり、スーパーラリーシステムによるペナルティを受けての戦いとなりました。

SS4でコースオフしてレグ1を撤退したマーカス・グロンホルム。レグ2は暫定23位からのスタートとなりました。

レグ2最初のステージSS8では3番手タイムで20位に浮上、2番手タイムのペターとは0.1秒差で闘志を見せてくれました。その後、コンスタントに3番手タイムを続け、SS16で新井敏弘をかわしてポイント圏内の8位まで順位を上げました。SS17もそのまま走りきり8位入賞。自身が1ポイントをもぎ取ると同時に、マニュファクチャラーズポイントも「3」を追加。クロノス・シトロエンに逆転されるものの、その差は「4」。ワークスの意地を見せてもらいたいものです。

ミッコ・ヒルボネンはレグ3を暫定17位でスタート。全SS走行後は暫定15位だったものの、その後最終順位は14位で確定。かろうじてマニュファクチャラーズポイント「1」を持ち帰りました。

苦しい展開ではありましたが、ポイントを獲得できたのはチームにとっても収穫だったのでは?今年こそはマニュファクチャラーズタイトル獲得して欲しいものです!


Love WRC People!(トラックバック・ピープル)にTBしています。
Love WRC People!
  1. 2006/03/07(火) 12:52:39|
  2. WRC|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ラリーメキシコ速報(2)

オーマイガーッ!

マーカス・グロンホルムに続き、ミッコ・ヒルボネンまでもがクラッシュで大きく順位を下げてしまいました。

レグ2のオープニング・ステージとなった25.23kmのSS8、スタートから1.7km地点、クレストを通過した後の着地で後輪が土手にヒット、横転してしまいます。ペースノートには「ジャンプ」と書かれておらず、オーバースピードでクレストを通過した結果でした。

いずれもスーパーラリーシステム(*)での再走組となってしまいますが、せめてポイントが獲得できるところまで這い上がって欲しいものです。

レグ2終了後の、暫定順位は、マーカス・グロンホルムが11位、ミッコ・ヒルボネンが17位となっています。そりゃ35分ものペナルティを受ければ当たり前ですけどね(^^;

マーカス・グロンホルムの上、10位はクリス・アトキンソンで1:52.4差。2分近い差をどこまで詰められるか?レグ3の残りは3SSしかないので、かなり難しいといわざるを得ませんね...それでも、23位まで下がった順位をここまで挽回してきたんですから!モチベーションをキープしてなんとかポイントを持ち帰りたい、という執念ですね。

ともあれ、フォードの連続ポイント獲得記録が黄色信号です!

ちなみに、ストバートVKフォードのルイス・ペレス・コンパンクもスーパーラリーシステムで再出走しています。

(*)スーパーラリーシステムとは...
リタイヤした場合、その後マシンを修復し再車検に合格すれば、次のレグから再スタートが出来るシステム。この場合、未出走SSにつき5分のペナルティが課せられます。つまり、最終日(レグ3)にはこのシステムは適応されない、ということになります。


Love WRC People!(トラックバック・ピープル)にTBしています。
Love WRC People!

  1. 2006/03/06(月) 00:13:16|
  2. WRC|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:2

ラリーメキシコ速報

ラリー・メキシコは、現時点でSS7まで(レグ)が終了。

暫定首位は、グラベルに強い、ペター・ソルベルグ。2位は4.8秒差で我らがミッコ・ヒルボネン。3位はさらに4.7秒差のセバスチャン・ローブです。ストバートのマシュー・ウィルソンは6位に付けています。

え?マーカス・グロンホルムはどうしたかって??

実は、SS4のスタートから9km地点でコースオフ。ダメージを負ったマシンを溝から出すことができずにリタイヤとなってしまいました。

この時点ではミッコの後ろ3番手を走行していました。そう、このラリーでは、ミッコ・ヒルボネンは、ポイントリーダーかつチームメイトでもあるマーカス・グロンホルムより先行していたんです。差が詰まってきているとはいえ、チャンピオンのセバスチャンを抑えての2位キープは上出来!

フォードの連続ポイント獲得記録もそうですが、ミッコには力を出し切ってもらいたいです。

ちなみに、ストバートの2台目、ルイス・ペレス・コンパンクは残念ながらリタイヤしています。


Love WRC People!(トラックバック・ピープル)にTBしています。
Love WRC People!
  1. 2006/03/04(土) 23:32:25|
  2. WRC|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
Ford FOCUS

現在の走行距離は、

無料ホームページ ブログ(blog)

kmです!
Jackie

02 | 2006/03 | 04
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

・Love WRC People!
Love WRC People!

Fighting FOCUS ↑親ページです

BkASPil for Beky!2 ↑アンチスパム対策に!

クリックしてやってください





フルーツメール
メール読んでポイントGet!
貯まれば現金化OK!

Search

尚、管理人が不当だと判断した投稿は予告なく削除いたします(特にアダルト系)。削除に関してのご質問等には一切お答えできませんので予めご了承ください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。